" /> 【重要】FXが理由で離婚した時代からFXで離婚成立の時代へ | わくとんFXブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【重要】FXが理由で離婚した時代からFXで離婚成立の時代へ

知ること

平成から令和へと時代が変わって間もなく、本当の意味で「時代が変化」を遂げてしまいました。

経済的に苦戦を強いられる業界がある反面、コロナ禍により業績を拡大している業界があるのも、ある意味では悲しい現実だと思います。

そして、企業に勤めている方々には「リモートワーク」という新しい働き方への対応が求められるようになりつつあります。

私は、この働き方を知った時、「メリット」しか感じなかったのですが、いざリモートワークがスタートすると、様々な問題が浮き彫りになってきたのです。

例えば、単身者が一人暮らしをしている場合、ワンルームマンションに居住していることが多い為、終日その部屋に籠りっきりで仕事をする「環境へのストレス」があるようですが、その中でも、一番驚いたことが「コロナ離婚」です。

最初、その言葉を聞いた時は意味が理解出来なかったのですが、メディアが報じる「コロナ離婚の実態」を聞いている内に、とても切実な問題である事が分かりました。

旦那が、リモートワークで家庭に居る時間が増えた事により、家事や育児が発端で離婚に発展するのです。

そして、この問題を抱えているのは95%が女性だというのです。

そこで今回は、離婚を考える上でとても重要な「経済的な問題」について、考えてみたいと思うのですが、私自身も「母子家庭で育った」と言う事もあり、経済的な負担や苦労は子供ながらに感じて居ました。

「母親の立場」は理解できないとしても、「子供の目線」で分かる事はあるかと思いますので、どうか最後までお付き合い頂ければと思います。

スポンサーリンク

離婚することで抱える経済的な不安

離婚を考える上で、一番重要な問題こそ「お金のこと」では無いでしょうか。

離婚時の慰謝料、離婚後の生活費、子供の養育費など、お金の事だけでも話し合う必要がある項目はいくつかあります。

ただ、これらの事を仮に決めたとしても、実際は慰謝料や生活費が支払われているケースは殆どないのが現状のようです。

つまり、離婚した後も養育費や生活費が支払われないケースも考えておく必要があるのです。

また、既に「離婚が成立」した場合に於いても、公正証書があるから大丈夫と思っている人が居るかも知れませんが、その中身によって慰謝料や養育費の支払いについて強制執行出来ない場合があるという事もここでは知っておいてください。

FXが理由で離婚

ネットで「FX 離婚」と、検索をすると分かるのですが、これら殆どのケースが夫婦のどちらかがFXで借金を抱えてしまい、離婚に発展するといったものです。

中には、FXで数千万円の借金を作ってしまい、生活費にまで手を付け裁判に至る場合もあるようですが、このケースについては別段珍しい事でもないというのも驚きです。

この様な問題は、男性の場合が多いような気もするのですが、意外とそうでもないようで、旦那が仕事をしている間、奥さんが内緒でFXをはじめてお小遣いを稼ごうとして、逆に借金になってしまうケースもあるようです。

この方は恐らく、FXの世界でよくあるポジポジ病(※ポジポジ病を治したい方はこちら)を患っているのでしょう。

例に挙げた様なことは「聞けばなるほど!」と想像できるような事だと思うのは私だけでしょうか。

要するに、お金儲けをしたい一心でFXをはじめてしまい、FXの相場の世界を知らずしてこの様な結果を招いたのですが、これも、当然といえば当然な事なのです。(※FXの世界はイメージすればだれでもわかる

離婚で抱える経済的な不安

タイトルからも分かるように、「離婚問題」でもっとも重要?と言っても過言ではないのがお金の問題では無いでしょうか。

慰謝料・生活費・養育費などがそれにあたります。

ただここで改めて整理しておく必要がある事は、これらのお金は必ず支払われるものではないという事です。
法律に関する詳しいご相談はこちらまで

しかし、離婚をされた方やこれから離婚を考えている方からすれば、このような事は周知の事実なのかも知れません。

もしそうだとしても、経済的な不安は長期に渡って家計を圧迫することには変わりがないので、ここは十分に話し合われる必要があるかと思います。

女性の経済的な自立

コロナ禍をきっかけに働き方に対する考えにも大きな変化が生まれた事は、「リモートワーク」が象徴するように、自宅に居ながらでも仕事が出来る時代へとますます拍車がかかりました。

そのような時代背景もある為、自立を考えている女性が多いのも今の時代では当たり前なのかも知れません。

私の実母は生前、パートで生計を立てておりましたが、当時は自立=パートが当たり前だった時代(平成初期)です。それから考えれば凄い時代になったなぁ・・とつくづく感じます。

そして、今は個人のスキルがお金になる時代であり、それを、自宅から発信できるという事経済的な自立を目指す女性が増えてきている要因の一つである事に間違いはないと思います。

「女性の経済的自立」を促すようなブログ記事が多数見受けられるのも、この時代はそれが当たり前だという事の裏付けなのです。

FXで離婚した時代からFXで離婚成立の時代へ

FXで借金を抱えた事が理由で離婚をするケースがある事は上述した通りですが、女性の経済的自立が当たり前の時代へ変わりつつある中でも、「金銭的な不安をFXで解消」したいと考える人が増えてきているのには、これまた驚かされます。

冒頭にも触れましたが、コロナ離婚が増えてきている昨今、経済的不安を解消する手段がなく現状の生活を変えられずにストレスを抱えたままの「コロナ離婚予備軍」も多く存在しているようです。

しかし、これらの問題は「お金があれば解決」できるのではないでしょうか

そうだとすると、金銭的不安をFXで解消したいと考える人がいるのも、ごく自然なことだと思います。

その様な事からも、これからは「FXが離婚理由」ではなく、「FXを離婚成立の術(すべ)」とすれば良いのでは無いでしょうか。

ただ、ここで忘れてはいけない事は前者の場合はFXで借金を作っている事です。しかし、FXはギャンブルではありませんので、正しい知識を身に着ければ、この様な事にはなり得ないのです。

・以下参考記事

【FXで勝つ為に忘れてはいけない「一つしかない海」の話し】

【全てのトレーダーが同じグランドで戦っている事を意識する】

【FXで勝つ為に知っておきたい必ずカジノ運営側が儲かる理由】

【FXで負ける人は考えていないリスク・リワードの重要性】

これらの記事を読んで頂くだけでも、FXでお金を稼ぐことが如何に合理的であるかが分かります。

そして、私自身が母子家庭で貧しい幼少期をすごした経験を持っていることもあり、FXを通じて出来る事が無いのかを考えた末にたどり着いた答えが、そのような女性をアシストする事でした。

子供ながらに、家が貧しいという事に負い目を感じていたのですが、出来ればそのような経験をしたくなかったのが本音です。

まとめ

コロナ離婚だけではなく、「離婚」そのものに経済的不安はつきものです。

しかし、FXでその不安を取り除く事ができるのも、やり方さえ間違えなければ可能だという事も知ってください。

最後に、「女性だけ?」と不安に思われる方が居られました(メールでのお問合せ)が、こちらのページに記載している通りですのでご安心ください。

FXで「億を稼ぐ」事を成功と考える人も多いのですが、私は、FXの利益で生活が出来る事も成功だと思います。

【お問い合わせ】

わくとんFXブログ

【Zoom個別指導】

初心者と勝てないトレーダーカリキュラム(※ゴゴジャン:外部サイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました