" /> 【FXで専業トレーダー】を目指す方へお伝えしたいこと | わくとんFXブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【FXで専業トレーダー】を目指す方へお伝えしたいこと

知ること

FXをはじめたきっかけは、各々違うかと思います。また、「何の為に稼ぐのか?」これも恐らく色んな理由があるでしょう。

そして、FXを続けているうちに、新たな「目標」を見つける方も居られます。

その一つが「FXで専業トレーダー」になる事では無いでしょうか。

そこで今回は、筆者なりに「専業トレーダーとして」思う事などをご紹介するのですが、あくまで「私の主観」ですので、これからFXで専業トレーダーを目指される方にとって必ずしも参考になるとは限りません。あらかじめご了承ください。

※筆者なりの考え方をQ&Aで解説致します。

スポンサーリンク

FXで専業トレーダーになる為の準備はどうすれば良いのか?

Q. FXで専業トレーダーを目指すには、先ず何をすれば良いのでしょうか?

A. 会社勤めの方が殆ど(私もそうでした)だと思うので、先ずは、いつ?会社を辞めるのかを決める事です。一般的には退職予定日の一か月前にはその旨の申し出が必要になりますが、会社によっては期間の定めが無い場合がありますので、その場合は二週間前で大丈夫です。因みに、私の場合は 二か月前でした。

Q. 生活費はどれくらいあれば大丈夫か?

A. これは厳密に〇〇万円以上必要とか、決まりがあるわけでは無いので、ご自身で「これだけあれば大丈夫!」と思う金額(貯蓄)があれば良いと思います。

私の場合は、何も考えずに専業トレーダーになりました。

Q. トレード環境はどの程度準備が必要か?

A. スマホ1台では無理だと思います。私の場合は、デスクトップPC(CPU:COREi5)、モニターは3台です。 モニター内訳)・チャート用 ・ブログ作成用 ・YouTube用(50インチ)

エントリーはスマホです。

Q. 保険などはどうすれば良いか?

A. 専業トレーダーと言っても「無職」と同じです。社会保険や厚生年金の切り替え手続きが必要になるのですが、保険料はかなり高額になる事があるので、事前に調査はしておいた方が良いでしょう。

専業トレーダーのメリット

1) 面倒な人付き合いが無くなった。

2) 通勤時間を有意義に使える。※私の場合は、トレーニング・瞑想・庭の水撒きが日課。5時起床。

3) 自由な時間がとても多い。※趣味などがあればその時間に充てるのも良いでしょう。

4) 病気になりにくい。※不特定多数の人と会わないので、病気をうつされるリスクはかなり少ない。

5) 服装や髪型が自由。※私の場合、普段着でトレードをしていますが、何となく「トレード用」は決めています。

6) 家族と過ごす時間が多くとれる。※リモートワークでコロナ離婚(経済的自立を応援)が増えていますが、メリハリをつけた生活を送れば大丈夫では?と思います。

7) 無駄な出費が無くなる。※飲み会、食事会、社員旅行など。

8) 時間が経つのが早い。※毎日が充実していると感じる。

以上がメリットだと感じていますが、細かく言えばキリがありませんのでこれくらいで。

専業トレーダーのデメリット

1) 社会的な信用は無い。※ローンは組めない。「無職」なので。起業すれば話は別ですが。

2) お給料日が無いので、不安になる事がある。※でも、毎日がお給料日です。

3) 書類の職業欄に「無職」と書く。※抵抗がある人はデメリットですが、私は何も気になりません。

私の場合、デメリットと感じる事が殆ど無いので、この程度になります。

まとめ

コロナの影響で「働き方」そのものが変わってきましたが、時代の変化と共に柔軟な対応が出来る人は、この先何をやっても成功するでしょう(※そんな方にお勧めのFIRE)。

FXで専業トレーダーになる事を「一つの目標」とされるのは良い事だと思いますが、もっと先を見据えてみるのも悪くないと思います。

FXをきっかけに、「会社を持つ」事や「お店を持つ」事も視野に入れてみては如何でしょうか。

今回の記事以外の事でも、お聞きになりたいような事があれば下記までお問い合わせ頂ければ幸いです。

明日からのトレードも頑張りましょう!

【お問い合わせ】

わくとんFXブログ

この記事を書いている人
わくとん

専業トレーダーの「わくとん」です。
トレード歴は20年になります。
ポジションを長く持つのが苦手なので、チキン利食いとスキャルをこよなく愛しています。
プロではない?と自分では思いますが、初心者にFXを教えることは得意です。

わくとんをフォローする
スポンサーリンク
知ること
わくとんをフォローする
わくとんFXブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました