" /> 【FXで勝てない人】ほど難しく考え過ぎているのかも? | わくとんFXブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【FXで勝てない人】ほど難しく考え過ぎているのかも?

知ること

FXに限ったことでも無いのですが、一度は聞かれた事がある「ビギナーズラック※外部リンク」という言葉。

不思議なほど「初心者」が勝ってしまう事をこの様に表現するのですが、誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

FXにおいても、殆どの人は「いきなり勝てた!」「簡単に儲かった!」などのビギナーズラックを経験したからこそ、現在もトレードを続けているのかも知れません。

もしそうではなく、最初から大きなロスカットや連敗が続いていたとしたら、恐らくFXは「素人では勝てない」、「面白くない」、「ギャンブルだ※FXをギャンブルと考える思考」と考え、続けていなかったように思うのですがいかがでしょう。

そこで今回は、初心者の頃は勝てたのに、なぜ勝てなくなったのか?について、考えてみたいと思います。※勝てない人のチャート画面記事

スポンサーリンク

初心者が勝てる「2つの大きな理由」

本題へ入る前に、FXの世界でよくある話しを一緒に考えてみてください。

私はFXを20年以上もしているのですが、このような話しを聞くことがこれまでに何度もありました。

「FXをはじめたのでデモトレードで練習をしている」。今まさにデモトレードを頑張っている方は注意した方が良いと思います。

個人的には、トレード方法(注文方法・決済)を確認する為の「デモトレード」であれば問題は無いと思うのですが、デモトレードでそこそこ利益をあげてから満を持して(※外部リンク)本番に向かおうと考えているのであれば、恐らくこの先「勝てない」でしょう。

勝てないと考える理由は「リスクを負っていない」からです。

リスクを負うとは「自分のお金をトレードで使う」事をしていないという事です。要するに、負けても平気だからです。

そのような心理状態でトレードを続けられる人であれば問題は無いでしょう。しかし、いざ自分のお金を使うとなると殆どの人が慎重になる筈です(※その心理を知るにはこちら)。

その結果、デモトレードではエントリー出来たのに、実際のトレード(実トレ)ではエントリーが出来なかったり、本当は利確をしなくても良いような所で、実トレでは利確をしてしまうのです。

このような「リアルな損得感情を持つ」事で、本来の実力が発揮できなくなる怖さがデモトレードにはあるのです。

※デモトレードについては賛否両論あるのですが「使い方を知ったうえであれば全く問題はありません」ので、そこは誤解が無いようにしてください。

では本題の「初心者が勝てるつの大きな理由」について考えてみたいと思います。

デモトレードで勝てる理由は「リスクが無い」からと言えるのですが、初心者が勝てる理由についてもそれに近い事が考えられます。

1)FXの怖さをまだ理解していない。

2)チャートの見かたを殆ど知らないから「何となく上がりそう(下がりそう)」でエントリーする。

この2つが大きな理由だと考えるのですが、その根拠は「リスクを知らない」からだと思うのです。

怖さを知らないが故に「素直な順張りでエントリーをして利確をする」ことが出来たり、チャートの見かたを知らないから「先読みせずに素直にエントリーをして利確をする」事が出来るのです。

このような行為は「初心者特有のもの」でしょう。

初心者が勝てる大きな理由こそ、「FXの怖さ」と「知識」の両方を知らないからでは無いでしょうか。

そして、そのようなトレードが続くうちに、徐々にトレードの知識が身に付きはじめ、FXの怖さを経験していくことになるのですが、ここからが「FXのいばらの道」の始まりとなるのです。

過去検証が大事だと言われても・・・

初心者の頃は勝てた(デモトレードでは勝てる)のに、全く勝てなくなった人も多いでしょう。

そんな中、「過去検証(自分のトレードを過去にさかのぼって検証する事)が大事だと、目や耳にすることがある」と思うのですが、ここには「落とし穴」がある事にお気づきでしょうか。

頭では「検証をした方が良い」と分かっていても、これが意外と出来なかったり、継続することが出来ない人が多いのです。

要するに、トレードすることを優先してしまい、検証することの大事さをそこまで理解出来ていないからなのです。

もしこれ(過去検証)が誰にでも出来るのであれば、90%の人がFXで負けるのでしょうか?

私の経験談ですが「過去検証が大事だ」とか、「○○が大事だと」言う人に限って「多くの人が、それを分かっていても出来ない、という事が分かっていない」のです。要するに、教える側が分かっていないのです。

プロ野球選手にボールの投げ方を教えてもらったところで「頭ではそれを理解」したとしても、何度も練習を重ねないと上手くなれい事は誰にでも想像できると思います。

それを継続することが難しい事を何となく頭では分かっているからです。

FXの過去検証も同様に、理解は出来るのですが殆どの人は継続出来ないのです。

そして「どうすればそれを継続できるか?」と言う事を考える人も多いのですが、私の結論としては「出来ない人は無理にやる必要は無い」と思います。

FXを始めたきっかけが「簡単に稼げる」とか「楽して儲かる」といった動機で始めた方も多いはずです。そんな動機を持って始めた人がそもそも「過去検証」をするのでしょうか?

私は「しない」と思うのです。

そして「しない人」は過去検証をしなくても勝てる方法は無いのか?と考え、知らず知らずのうちに「聖杯探しの旅」をはじめてしまうのです。

結局、過去検証が大事だと言っても(分かっていても)、出来ない人が多いのも事実だという事です。

FXで勝てる人

1) 強靭なメンタルを持っている人。

2) 潤沢な資金があり、含み損やロスカットが気にならない人。

3) まじめに過去検証を続けてきた人。

FXで勝てない人

1) デモトレードに慣れてしまっている人。

2) 過去検証が出来ない人。

3) 楽して稼ぎたいと考え続けている人(感情的な人)。

勝てる人と勝てない人の違いとは、概ねこんなところだと思うのですが、では「勝てない人」たちがどうすれば勝てるのか?について、ここからは考えて行きたいと思います。

チャートには「上がるか下がる」の2つしかない

勝つ為には、色々考える必要があるかも知れませんが、真っ先にすることは「余計な事は考えない」と言う事です。

チャートパターンは、上昇・下降・横這いの3つしかありません。と、書いてある記事を目にする事がありますが、横這い?っておかしいと思うのは私だけでしょうか?

横這いは一時的にあるかも知れませんが、一瞬です。何十分も、何時間も横這いなんてことは99%ありえないでしょう。

この様に「横這いなどと」余計な表現をする人が居るが為に、FXを難しく考えてしまう人も実際にはいるのです。

ここではっきり言っておきますが、チャートは上昇と下降のどちらかにしか動きません。

だから、勝つか負けるかは50%の確率で当たるし、外れるのです。

余計な事を考えてしまうと、勝率50%のジャンケンの様な勝負でさえ負けやすくなる事があるので、常にチャートは「上がるか下がる」の2つしかないという事を意識しておいてください。

余計な事を考えると勝てる勝負も勝てなくなるので、ここでは「余計な事は考えない」とだけ覚えておいてください。

難しく考えたところで、結果は1/2です。勝つか負けるかです。だから、余計な事を考えても全く意味が無いのです。

考える必要があるのは「どうすれば勝てるのか?」。これだけ考えれば良いのです。

少しの優位性だけみつければそれだけで勝てる

以前、カジノ運営が安定して儲かる(※カジノ運営記事はこちら)理由について解説をしましたが、ここではFXで勝てない人はどうすれば安定して勝てるのか?について考えてみたいと思います。

ここでいう「勝てない人の定義」を先ず整理しておきます。

1) 初心者の頃は勝てた。

2) その後、知識が増えるに連れて勝てなくなった。

3) 過去検証をしていない(出来なかった)。

4) 聖杯探しをしている。

これら4つを満たす人をここでは「勝てない人」と考えます

では、この勝てない人が勝つ為の方法として、具体的にどうすれば勝てるのかについて解説をします。

難しく考えると勝てなくなるので、簡単にまとめてみます。

勝てない人が勝つ為にすること

1) エントリータイミングは 1つ に絞る。(※理由はこちら

2) チャート画面から「余計なインジケータ」は全て消す。(※理由はこちら

3) 勝敗を「金額」で い・ま・は (今は)考えない。 (※理由はこちら・記事の後半で解説
少額で何度も 1) を繰り返す。リスク・リワードは 1:1.2程度で良いでしょう。(※リスク・リワード

4) 10回毎に、勝率を計算する。但し、10回の勝率だけでは全く意味がありません。(※理由はこちら

これら4つの事を繰り返し続けていくことで、常勝トレーダーに成れると私は確信を持っています。

そして、このサイクルが「1つ完成」すれば、また次のエントリータイミングを決めて、繰り返せば良いのです。

しかし、ここからとても重要な事を 1つ だけお伝えしておきますが、上記1)~4)の事が出来ない人がいる事を忘れてはいけないのです。

1)~4)の事を出来るくらいなら、過去検証も出来るだろうと考える人も居るからです。

そうだとすれば、これら1)~4)の事を出来ない人が勝つ為には、どうすれば良いのでしょうか?

この答えは 1)、2)、4)の方法を教えてもらい、3)の方法でしばらく少額の取引をすれば良いだけです。

3)の少額取引を続けていくうちに、1)、2)、4)の意味が分かります。

3)の方法を知る為にはどうすれば良いのか?

方法はいくつも存在しているのですが、どうしても分からないようでしたら【わくとんFXブログ】まで、ご連絡をください。

但し、不特定多数の方にはお伝えしておりませんので、先にこちらをご確認ください。

まとめ

私は20年以上の間、多くの「破産者」や「資金を溶かす人」を見てきました。

そして、そこから学んだ事こそ「難しく考えない」と言う事でした。

例えば「ファンダメンタル外部リンク」について質問される事があるのですが、これを知ったところで「いつ?相場に影響を与えるのか?」「いつまで価格に影響を与えるのか?」と言った事は、素人の私には考えても分からないので、「分からない」としか答えようがないです。

また、エリオット波動についても聞かれる事がしばしばありましたが、これも私の中では「結果論の一つ」としか考えていないので、「全く分かりません」としか答えれないのです。

勝つ手段の一つとして、これらを知っておく必要性は理解しているのですが、「私の中では必要がない」と言うだけです。

勝つ事だけが目標なので、知らなくても勝てる事はわざわざ覚えない。

どれだけ、知識が豊富であっても、勝てないのであれば「その知識は不要だ」と言う事になります。

何度も言いますが、チャートは1/2の確率で必ずどちらかに動きます。その動く方向さえ分かれば、小学生でも勝てるのがFXです。

あいにく、100%勝てる方法は知らないのですが、負けない方法は20年の間に見つける事が出来ました。

私の場合は、少し特殊?かも知れませんが、20年のFXトレードの中で、証拠金を自らの貯金から持ち出したのは「一度だけ」です。要するに、最初の証拠金から、今も増え続けているという事になります。

これは、独学だから良かったのか?バカだからこうなったのか?は分かりませんが、根底にあるのは「難しい事は考えない」という性格なのかも知れませんね。

最後に、この記事を読んで下さった方で「同じように勝ちたい」と考えている人が居るのでしたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

専業トレーダーとなった今、「教える事」にも挑戦しないと「自分の成長は無い」とプロのトレーダーから教わった事があります。

なので、今後も「ブログを通じて」私の知り得る情報発信は積極的にしていこうかと考えています。

しかし、読者の方から「お金を取る」ような事は一切しませんのでご安心を。

【お問い合わせ※匿名でOKです】

わくとんFXブログ

この記事を書いている人
わくとん

専業トレーダーの「わくとん」です。
トレード歴は20年になります。
ポジションを長く持つのが苦手なので、チキン利食いとスキャルをこよなく愛しています。
プロではない?と自分では思いますが、初心者にFXを教えることは得意です。

わくとんをフォローする
スポンサーリンク
知ること考えかた
わくとんをフォローする
わくとんFXブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました