" /> FXで勝つ為には練習あるのみ。10000時間の法則を学ぶ? | わくとんFXブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FXで勝つ為には練習あるのみ。10000時間の法則を学ぶ?

知ること

表現の違いで捉え方が違ってくると思いますが、「FXで勝ちたい」と「トレードが上手くなりたい」はどちらも「稼ぎたい」って事だと思います。

表現の仕方にこだわるつもりは無いのですが、勝つ為に練習(実トレ)をすることは決して悪い事ではありません。

そこで今回は、どうすればトレードが上達するのか?について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

10000時間(いちまんじかん)の法則

この記事を読んで下さっている方も「1万時間の法則」を聞かれた事はあるかも知れません。

「ある1つの分野で成功し一流になる為には1万時間の練習と努力が必要」

ある学者が提唱した法則です。

何となく「そうかも。。。」と思う人は多いかも知れませんが、本当に1万時間練習を重ねる事で上達するのでしょうか?

結論から言うと。

「なかには、そうなった(成功・上達)人も居る」と言う方が現実的だと思いますが、そう思うのは私だけでしょうか。

もし、1万時間の法則が本当に正しいのであれば

平日、毎日8時間の練習を5年近く続ければ一流になると言う事になります。

そう考えると20年もトレードをしている私は「超一流」かも知れませんが、必ずしもそうなるとは限らないのです。

次にその代表的な例をご紹介したいと思います。

一万時間の法則を見事に否定した寿司職人たちの伝説

今から6年程前の事です。

開店からわずか11か月のすし屋が「ミシュランガイド京都・大阪2016」に掲載された事をご存知でしょうか?

当時は頻繁にメディアで取り上げられていた事もあり、「聞いたことはある」と記憶にうっすら残っている方もいるでしょう。

そして驚くべきことは、このお店の寿司職人全員が「経験1年未満」と言う事です。

なぜ?こんな奇跡が起こったのでしょう?

この答えは、このすし屋の寿司職人全員が「同じ調理師学校で学んだ生徒と卒業生」だったというものです。

しかも、研修期間はわずか三ヵ月という超短期集中の研修だったそうです。

ここまで聞くと、「1万時間の法則」の信憑性は薄れてしまっているのでは無いでしょうか。

石の上にも三年

「石の上にも三年」誰もが一度は聞いたことのある「ことわざ」だと思います。

誰でも最初は辛いが、三年も経てば報(むく)われるといった意味です。

情報が乏しかった昭和の時代は、誰もが疑わずこれを信じていたと思います。

しかし、寿司職人の例が示すように、今の時代は「時間重視から効率重視」へと変化を遂げています。

いかに効率よく学べるか?が成功のカギを握っているのは間違いないでしょう。

効率よく練習(実トレ)が上達の近道

ここまでくると、効率が重要だという事が理解できたと思います。

そしてトレードの上達に必要不可欠なのは「スキャルピング」だと思うのです。
わたしが「スキャル」を選ぶ理由。

スイングやデイトレでは、実際のエントリー回数がとても少ないのですが、スキャルピングは一日に何回もエントリーが出来ます。

もちろん、何度もエントリーをするので負ける事も多くなりますが、「最初は少額」で取引を続けていけば良いだけで、勝てるようになってから徐々にlot(ロット)を上げれば良いのです。

こうすればリスクヘッジが出来るうえ、負た分も直ぐに取り返せます。

まとめ

最後にFXで勝つ為にはどうすればいいのか?を簡単にまとめます。

1)誰から学ぶか?何から学ぶかが重要。

2)時間ではなく効率が重要。

3)効率よく実戦(実トレ)し、経験値を上げる。※おススメ実トレ口座はこちら。

この3つを繰り返して行う事が常勝トレーダーへの近道かも知れません。

【お問い合わせ】

わくとんFXブログ

この記事を書いている人
わくとん

専業トレーダーの「わくとん」です。
トレード歴は20年になります。
ポジションを長く持つのが苦手なので、チキン利食いとスキャルをこよなく愛しています。
プロではない?と自分では思いますが、初心者にFXを教えることは得意です。

わくとんをフォローする
スポンサーリンク
知ること考えかた
わくとんをフォローする
わくとんFXブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました