" /> FXで負けない為の「波の初動を捉える」スキャルピング思考 | わくとんFXブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FXで負けない為の「波の初動を捉える」スキャルピング思考

考えかた

トレードスタイルには大きく分けて。

スイングトレード(ポジション保有期間が数日~数週間)

デイトレード(その日の内にポジション決済)

スキャルピング(エントリー~決済までを数秒~数分)スキャルピングの記事

の三種類に大別されます。

いずれのトレードスタイルを選んだとしても重要なのは「環境認識」です。※「環境認識」は別の記事で解説致します。

そして、環境認識が終わると「エントリーポイント」を探してトレードを行うのですが、今回はエントリーポイントを探す際に必要な「波の初動(しょどう)」について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

大きな波が発生する前に起こる「小さな波」。

トレードの理想的な「かたち」と言えば、損小利大(そんしょうりだい)です。

そして「利大(りだい)」を得るには、大きな波(トレンド)に乗ることが必要不可欠になる事は言うまでもありません。

先に少し触れました「環境認識」を行い、エントリーをする方法(5分足でエントリーするなら、その上位の15分足や1時間足をみること)こそ、利大を得る為の最も合理的な手法なのです。

しかし、ここで意識して欲しい事は大きな波の発生は小さな波から起こるという事です。

当たり前のような話になりますが、上位足からトレンドが発生し下位足がそれに追随するという事はあり得ないのです。

トレンドの発生が起こる予兆は「下位足から必ず確認が出来る」のです。

全てのトレードにおいて必要なスキルこそ「スキャルピング」

ここで先ほど解説したことを、実際どのように行っているのか順序説明をしておきます。

★エントリーポイントを探す方法。

① エントリーポイントをいつもの時間足(ここでは仮に15分足としておきます)で確認。

② 確認が終われば、その上位足(1時間足⇨4時間足⇨日足)で環境認識をする。

③ 環境認識で「方向」が決まれば①の時間足の下位足(5分⇨1分)を表示。

④ ①の時間足を確認しつつ、5分足、1分足でエントリーポイントを判断。

⑤ 1分足でエントリー。

イメージは「マクロ(全体像)で判断しミクロ(詳細ポイント)でエントリー」をするといった感じになります。

そして本題である、なぜ?スキャルピングが必要なのかについて解説をします。

トレーダーが追い求める「損小利大」。理想的だと言いましたが、ここはもっと深堀りをする必要があるので、実際の例を用いて考えてみようと思います。

例)動画やSNSのあるある。

損切ラインを、マイナス20pipsのここで設定し、利確を40pipsuのここでします。

この様な解説動画などよく見ますが、そもそも、それって本当に損小ですか?と個人的には思ってしまいます。

利確の40pipsと比べれば、20pipsの損切はその半分ですがら「損小」と言えるでしょう。

しかし、私のようなハイレバ取引の場合、マイナス20pipsって数十万円ですけど・・・となるので、このマイナスは到底受け入れがたいと思ってしまうのです。

40pipsの利確根拠があるならば、なぜ?その初動を取りに行かないのか?

必ず、そこへ向かう波の初動はあるはずなのに。。。不思議です。
※私は独学でFXを勉強したので、私が非常識なのかも知れません。もし、そうであれば誰か教えてください。

利確を40pips、損切を5pipsに設定できるエントリーをすれば良いのでは無いでしょうか。

これこそ「損小利大」だと思います。

より多くの利益を狙うこと「利大(りだい)」に関心が持たれがちですが、私は「損小(そんしょう)」を極めてこそ、利大に繋がるのだと確信しています。

そんな理由もあり、欠かせないスキルこそ「スキャルピング」だと思うのです。

スキャルピングから派生させる利大の方法

何度も言いますが、環境認識は必須です。

そして、エントリーポイントが定まれば、スキャルピングで利益が取れるポイントまで下位足を表示し、確認します。

下位足、あなたが見ている時間足、その上位足、その全ての条件が揃うところがエントリーポイントになるのです。

この方法だと、損切はいつも5pips以内に設定でき、利確は上位足ですれば良いだけなので、再現性の高い「損小利大」手法と言えます。

※私の場合、利大を追うまでの間、チャートを見続けられるメンタルが備わっていないので、利確も早いです。だからスキャル1本で勝負してきました。※スキャルを選ぶ理由はこちら。

初動を捉える理由と、その捉え方については何となく、ご理解いただけましたでしょうか?

※ご質問などがありましたらこちらまで。

まとめ

FXをしていると、こんな言葉を聞くことがあります。

「FXは勝つ事よりも、いかにして負けないようにするかが重要」だと。

はじめの頃は全く理解が出来なかったのですが、もちろん今ではその意味を完全に理解しています。

私は、トレードの方法を教える事は殆どしていませんが、私の考え方はどのトレードでも通用すると確信しています。

波の初動を捉える考え方です。

波の初動を捉えてしまえば、あとはその波にどれだけ乗るか?

それだけです。

チキン利食いでも十分稼げますよ。波の初動を捉えれば🐷

【お問い合わせ】

わくとんFXブログ

【FX初心者・勝てないトレーダー】

具体的な手法についての記事・エントリーポイントの解説

この記事を書いている人
わくとん

専業トレーダーの「わくとん」です。
トレード歴は20年になります。
ポジションを長く持つのが苦手なので、チキン利食いとスキャルをこよなく愛しています。
プロではない?と自分では思いますが、初心者にFXを教えることは得意です。

わくとんをフォローする
スポンサーリンク
考えかた覚えること
わくとんをフォローする
わくとんFXブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました